ボトックス注射はシワ取りに効果的|施術の流れや副作用を見てみよう

気軽に施術が受けられる

診察

ボトックス注射を受けるメリットは何といっても気軽に受けられるということです。シワ取りや小顔術には、メスを用いて切開し縫合する施術もあります。これらの施術は、1回受けると半永久的に効果が持続しますが、結構大がかりな手術になってくるため長期のダウンタウムを必要する場合が多いです。傷口が見えてしまう場合は、髪形や化粧でカバーすることが困難なため、周りの人に施術を受けたことがバレてしまう可能性もあります。バレないために学校や仕事を長期間休まなければいけないこともあるので、大変です。また、切開を行なう施術は費用が高額であったり、抜糸などをしないといけない場合は通院する必要もあります。ですが、ボトックス注射は施術にかかる時間は大体5~10分程度で、事前のカウンセリングやアフターケアを含めても1時間ほどで終了します。しかも1回の来院で施術が完了するので、通院することもありませんよ。また、注射器によって成分を体内に注入していくので傷跡が残ることもないですし、施術後にすぐ化粧を行なうことも可能です。そのため、すぐに日常生活を取り戻すことが出来るでしょう。その一方で、ボトックス注射は数か月~1年程度で効果が消えてしまう点もあります。ですが、効果を持続したいのであれば、効果が得られなくなった頃に再度ボトックス注射を行なうのがベストです。

気軽に施術を受けることが出来るボトックス注射ですが、施術する前にチェックしておきたいポイントを見てみましょう。まず、医師のスキルや実績は必ず確認することです。どんなに成分が良い薬剤を使用しても、注射を行なう医師にスキルや実績がなければ、失敗して副作用が発生する恐れがあります。副作用が発生してしまうと、効果を実感するどころか、辛い症状に悩んでしまいます。副作用のリスクを減らすためにもボトックスビスタ認定医かどうかを、医師の判断基準の1つとして見ておきましょう。認定医であれば、ボトックス注射に関しては、安心しても問題はありません。なお、ボトックス注射は薬剤を注入する量や位置、深さがとても大切になっていきます。そのため、副作用などが発生しないよう医師と入念にカウンセリングを行ない、納得できるまで説明をしてもらいましょう。