ボトックス注射はシワ取りに効果的|施術の流れや副作用を見てみよう

ボトックスの種類とは

ウーマン

実はボトックスとは商標登録名となっており、ボツリヌス・トキシン製品全般を指し示す言葉ではありません。ボトックスの商標権を持っているのはアメリカの企業になっています。厳密に言うと、そのアメリカの企業が開発したものをボトックスと呼び、類似の薬品はボトックスではなくて、ボツリヌス・トキシン製品というべきです。このボツリヌス・トキシン製品には色々な種類があります。ボトックスの種類を把握しておくと、施術を行なう際に知識として役立つでしょう。

種類のうちの1つであるボトックスは、上にも書かれている通りにアメリカの製薬会社が製造販売しているボトックスになります。数多くあるボツリヌス・トキシン製品の中でも最も信頼性が高くて、世界中で使用されています。信頼性への担保として料金は多少なりとも高くなりますが、それに見合うだけの安全性と品質を兼ね備えています。副作用も少なくて、まさに正真正銘のボトックスと言えるでしょう。次にボトックスビスタと呼ばれる種類があります。日本国内で唯一、厚生労働省による製造販売認証を受けたボツリヌス・トキシン製品が、このボトックスビスタになります。アメリカの企業の日本法人でもある企業が販売しており、本来のボトックスとはまったく遜色のない品質と安全性を持っています。製造は基本的にアメリカ国内の工場で生産されて、品質を損なわないように細心の注意を払って、日本に輸入されています。他にも韓国やイギリスなどで製造されているボトックスがあります。副作用の心配もなく、安全に注射を行ないたい場合は、事前にボトックスの種類について理解を深めていきましょう。

なお、安全性の面で最も信頼出来るのは世界の美容業界でも最もシェアが多いと言われているアメリカの企業が製造しているボトックスになります。そして、ボトックスビスタも品質も高くて、色々なところから効果を認められているので、おすすめです。イギリス製は料金が安くなっているのが魅力的ですが、安い製品の中にはボツリヌス・トキシンの単位数にバラつきがあって、1回の施術で大量に注入しないといけない場合があります。そうなってしまうと、体内の中に抗体がつくられて、二度とボトックス注射が出来なくなるリスクや副作用があるので、注意が必要です。身体にダイレクトに注入するものなので、副作用の心配はないかなど安全性はしっかりと重視していきましょう。